昆虫でアソボー!

昆虫のアソビボタンを、インテリアに取り入れてデコレーションしてみませんか?

昆虫のアソビボタンです。今回はテントウムシ、ハチ、カブトムシなどを使います。

アソビボタンの裏側はこんなふうに脚のあるタイプになっています。
普通に縫いつけてもいいですが、ボタンの脚に紐を通したり、安全ピンやヘアゴムを使えば、いろいろなグッズに装着できます。

ブローチにしたり、ピンバッチにしたりなど、市販の金具でカスタマイズしたい場合は、ボタンの脚の部分をペンチで引き抜くと簡単に取れますので、接着剤でお好きなパーツを付けることも出来ます。
no1_main

多肉植物のポットにテントウムシを紐で、コガネムシを白のヘアゴムで装飾しました。
 布製のもの、バッグや帽子やジャケットなどにも、ピンバッチ型やブローチ型なら、おしゃれにワンポイントアクセサリーとして使えます。
ピンバッチ金具なら、ファブリックパネルに蜂とコガネムシを組み合わせることも可能です。

 

いかがですか?お気に入りの昆虫をインテリアにプラスして楽しんでみませんか。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です